FC2ブログ

【ネタバレ】装甲騎兵ボトムズOVA【赫奕たる異端】

「オデの(誰のだよっ!)フィアナが死んでしまった~」
ショックから少し立ち直り、本日OFF日だったので改めて【赫奕(かくやく)たる異変】を1巻から見通す。

実は前回、あまりの忙しさ故に1巻目を10分観てから5巻目を観るという反則を犯し、その罰かフィアナが死んだショックで発熱してしまったのだが…。


通してみると叙情的でとてもよかった。【ペールゼンファイルズ】と真逆なので評価が分かれるところだろうが、キリコのフィアナ以後、以前と思うと私的には道理に適っておりどちらも好き。

フィアナが冷凍ポッドで逡巡するシーンで泣けてしまう。すごい愛だわ、もうアガペーの領域。自分の寿命にキリコを巻き込むより、たとえ修羅の道行きでもキリコの未来を奪いたくないという愛は、その直前の満たされきった「幸せ…」というつぶやきのあとに出てくるのだから切ない。

ロッチナがラストでつぶやく通り、『触れざる者、赫奕たる異端、唯一キリコをコントロールできる者』はフィアナだったんだなと。
なので最初観た時、フィアナが死んだ後のキリコはどう生きていくのかがまったくわからなかったのだけれど、二度目にしてこの物語は
『キリコに未来を与えたいというフィアナの意志の物語』
だということに気がついた。だからキリコは前に進む、進めるのだ。

キリコによって自我を与えられというフィアナだがキリコもまたフィアナによって自我を与えられた。だから彼女はキリコの恋人以上に母なのだ。そしてこの世界に真にキリコを生み落とす作業がこの物語のテーマだと思う。



ひやや…それにしてもキリコは真面目な意味で『希代のドMヒーロー』だ。だって異能生存体といっても単に死なないだけで、刺さされれば痛いし、やけどだって負うし、もちろん骨折や内蔵破裂するし、高熱は苦しい。心臓だって何度止まっているんだよ。常人より回復が早いというだけで痛みだけは変わらないのだ。それでも一度として自ら死のうとはしないこの男は【時に利己的に、時に利他的に生き残るために環境すらも変える遺伝子】を持っているだけでは説明がつかない。

【赫奕たる異端】ではあたかもカトリックのような『マーティアル』という巨大な宗教が法王を掲げ、まるでバチカン。舞台背景は法王選定の『コンクラーべ』のよう。しかし、武力による秩序を掲げる、この教団には実はまるで信仰というものがない。神が不在。(案外、現カトリックと同じかもしれない)
その舞台の中で淡々と殉教者のように死ぬ事のできない痛みに耐えながら生きる事を選択する。というより生きる事を疑わないキリコに却って哲学的、宗教的な真理が見えるのは高橋良輔監督の狙いなのか偶然なのか……。

ともあれこの物語が94年作。新作、【ペールゼンファイルズ】が昨年。お願いですから高橋監督&脚本の吉川さん、『キリコの存在意義』の謎を解ききるまではお元気でいてください。でないと私も死ぬに死ねません~~~~。



kiriko

テーマ : 見たアニメの感想
ジャンル : アニメ・コミック

【装甲騎兵ボトムズ】TV版復習中


昨日,12話まで観た。

10代の時、初めてボトムズを観たときは
「こんなハードコアな性格の主人公は初めてだ!」
と衝撃を受けた覚えがある。

14歳でガンダムのアムロ。18歳でキリコに出会っていると、その主人公と同じ年だけにその設定の大人っぽさにどきどきした。(エヴァンゲリオンも14歳で観ていれば違ったんだろうな)


しかし、スピンオフであるはずの【ペールゼンファイルズ】を観てから80年代のTV版を観ると色々、甘い。
特にフィアナが甘くて嫌だ。
キリコが初めて仲間だと思う、ゴウト、バニラ、ココナの設定がほどよくずるく、人間臭く今観ても古びないよい設定だと思うので、最強のパーフェクトソルジャーであるフィアナにはもう少し最強ぶりを見せつけて欲しいと切に願ってしまう。

風の噂でボトムズの新作があると聞いたが、出来うればペールゼンファイルズの設定を生かし切ってテレビ版の新作が観たい。そのためならテレビ買ってケーブル契約しますよ。

テーマ : 自作イラスト
ジャンル : アニメ・コミック

【ネタバレ】装甲騎兵ボトムズ~ペールゼンファイルズ~小説版




意図的に休まなきゃあ…と思いつつ、なかなか気が張りつめている。絵を描くことは楽しいし、似顔絵の注文もわりと順調に入って来ているのだがしかし…。

昨日はお店が半日出勤でセール除外品のワンピースとスカートとピアスを売れたので自分的にはまあ良しとする。

ストレッチの教室に行こうかとも思ったが存外疲れているので、半額セールのレンタル店で【装甲騎兵ボトムズ~ペールゼンファイルズ全6巻】を一気借り。で昨日、4巻、今朝2巻観きってしまう←やすめーっ!


日曜日に友人とビックカメラに行った際に友人が見つけてくれた、脚本家の吉川惣司氏の【ボトムズノベライズ】を一気読み。(友君その間、百合ヲタゲーで萌えもえ…ヲタ友ははまっているとき互いに干渉しないから楽♪)

スピンオフのスピンオフにちょっと度肝抜かれる。アニメ版よりはかなりキリコの内面が描かれていたことと、なかなか深読みすると色っぽいくだりが多いな~と読み勧めてたら、最後でキリコ暗殺のために洗脳されて差し向けられた少年兵ザキが男の記憶を植え付けられた少女であることがわかるくだりにかなり萌え。これはちょっとテレビでやって欲しかった…。


それにしても寒いですね、今日は。

テーマ : 見たアニメの感想
ジャンル : アニメ・コミック

【装甲騎兵ボトムズ~ペールゼン・ファイルズ~】


私が【神!】と思うアニメ演出家は出崎統(あしたのジョー2、宝島、エースをねらえ!)、幾原邦彦(セーラームーンS、少女革命ウテナ)、高橋良輔(装甲騎兵ボトムズ、機甲猟兵メロウリンク、鎧伝サムライトルーパー、ガサラキ)である(ガンダムの富野サンは入ってないの。だってあのヒト、色々めんどくさいし(笑))

でも、様々な理由で随分離れてしまっていた、『装甲騎兵ボトムズ』が劇場版になったということで観に行った。今回は『ペールゼン・ファイルズ』というオリジナルシリーズの劇場化。当然ストーリーははしょられているし、テーマも若干違うらしい。

しかし、そんなことは関係なく興奮した!惜しむらくは私の萌えツボのひとつである、スコープドッグのホバリング(え~と…戦闘用のロボットがスコープドッグでこれはガンダムとは違って完全に地上白兵戦のマシンで手足らしきものはあるが目がなく、その変わり回転するレンズが三角形に取り付けられている。そして地上専用にホバークラフトのように浮いて走る。これがホバリング)がCGで描かれていて萌え度80%落ち↓

「漢(おとこ)なら戦闘シーンは手で描けや!」

とついマッチョなことを心で叫ぶ。

しかし、相変わらず作画監督の塩山紀生さんの糖度限りなく0パーセントに近い、厳つくストイックな男性キャラにもだえまくる←変態。



今回、よくわかったのだけど私はストイックなものほど反比例してエロチシズムを感じるらしく、上映中何度も軽くイッた←ど変態。これでホバリングが手描きだった日には鼻から流血…。


どこでどう萌えたかなどうまく表現できないのだけど、やっぱりマッドサイエンティスト軍人、ヨラン・ペールゼンに幼いときから「異能生存体」(恐ろしい確率でしか生まれない。決して死なない生命体)として監視され、燃やされたり、心臓撃ち抜かれたり、実験という名の下にありとあらゆる嬲られ方をして、それでも遺伝子が生きることを選択してしまうので、ぼろぼろに傷ついた精神を一見感情を持たないことで保っている主人公、キリコがこの上なくエロいことかしら←そして私もこの上なく変態。



いま、『ボトムズ』禁断症状で仕事も手につかない。とりあえず未見のOVAをヤフオクで落とす。
こうしてヲタクは堕ちていくものなのね……。



装甲騎兵ボトムズ 公式ホームページ
http://www.votoms.net/

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

水月モニカ

Author:水月モニカ
色々やってる漫画家。
レズエロ二次創作女性グループ『ビアチカ』の代表です♪http://lesbianerotika.skr.jp/


★2015年の動向★

2015年4月25,26日
11:00~20:00
TOKYOレインボープライドパレードのて藤間しおん.com&ビアチカでブース参加。同人誌を販売します。

「Girls Love Festival 14」
http://www.lovefes.info/
2015年6月14日 12:00-16:00予定
東京都大田区産業プラザPiO 
(京浜急行線 京急蒲田駅 徒歩5分/JR・東急線蒲田駅 徒歩15分)
ビアチカ通信5発売予定。

コミックマーケット88(夏コミ)
2015年8月16日(日) 10:00~16:00
http://www.comiket.co.jp/
ビアチカ通信6発売予定。

「Girls Love Festival 15」
http://www.lovefes.info/
2015年9月13日 12:00-16:00予定
ビアチカアンソロジー2015発売予定。

「COMITIA114」
http://www.comitia.co.jp/index.html
2015年11月15日(日)11:00~16:00
有明・東京ビッグサイト東2・3ホール 
ビアチカ通信7発売予定。

「gaku-GAY-kai2015」
2015年12月29,30日(火、水)18:30~22:00
12月29,30日(火、水)
18:30~
gaku-GAY-kai2015にてビアチカコラボの小説を朗読。
ビアチカ通信EXを無料配布予定。 
http://www.flyingstage.com/top.html
入場料:3000円

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア